読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと。

普段Twitterで呟くクソツイのLongver.

卒業する という事

めっちゃ久しぶりに書きまーす

 

いつもの馬鹿にした記事じゃなくて割と真面目だしカテゴリ見れば分かるようにジャニーズWESTじゃないよーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モーニング娘。’17:ニュース|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

 

 

まさか、こんなに早く卒業するとは思わなかった。

 

私自身、彼女を推すようになったのは昨年暮れくらいで、ハロプロのファンクラブ入会もそれくらいの時期。

 

どこが好きなの?と言われるとわからないけど、多分そういう所

今まで女のアイドルに対し少し抵抗感があった。

けれど、そんなのも取っ払うくらい、彼女は私からしたらすごく魅力的な人だった

 

最近ではソロパートも増えて、真ん中に立つことも増えて、

きっとこれから、どんどんどんどん前に出てきていずれは、どのような形になるかは分からないけれど、

モーニング娘。を引っ張っていく存在になると思っていた。

 

そんな彼女は将来、モーニング娘。のリーダーになりたい!と一時期言っていた。

(今思えば最近そういった発言がなかったのも、卒業考えてたんだなぁ…と)

 

私はそんな、人づてに聞いた話を過信し過ぎた。

 

昨年の冬に地元に来た時は関ジャニのコンサートと被っていたので断念

(結局延期になったし、チケット買えばよかった)

GW中はバイトに出ないとお金が無いし就活でバタバタしてるので断念

 

そんな風にコンサートを先延ばしにしていたら秋ツアーで卒業が決まってしまった

初めて行く推しのグループのコンサートが推しの最後のツアーだなんて、残酷だし後悔ばかりである。

 

彼女達の卒業は必然的で、誰しもが通る道。

 

ジャニーズだったら、脱退するか解散の二択で、そこに必然性はない

 

ハロプロはよく女版ジャニーズなんて言われるけど実は全然違うのである。

 

いつかは卒業する、分かりきっている事だけれども、でも……

今の私はそんな気持ちでいっぱいだ。

 

去年、ズッキが卒業する公演のOh my wish!のリハで既に泣いてしまった彼女。

 

「鈴木さんが居なくなったら誰がこのパート歌うんだろう。けどなんか歌って欲しくないような…」

「(鈴木さんは)パートナーみたいな人ですから。その人が卒業してしまうのは悲しい」

 

こんな風に語っていたがもうOh my wish!のダブルセンターのもう片方も卒業してしまうのだから

きっと卒業した後に当時のセンター2人が居ないOh my wish!はもう別のものになってしまうんだろうな…という虚しさ。

 

けれど、きっときっと、卒業する秋ツアーのオーラスでは、泣きながらも彼女が選んだ、女優の道へ心から送り出すことができるだろう。

 

だから悩み抜いてこのタイミングで卒業を発表した彼女には最後までモーニング娘。'17の工藤遥であってほしいし、13期の良き教育係であってほしいと思う。

 

 

 

 

だけどやっぱり、寂しいなぁ……